生酵素サプリと飲み合わせ(併用)NGな薬や飲み物とは?

「生酵素サプリの効果は口コミでよく耳にするけれど、飲み方の注意点があるのか。副作用があるのか。」と、初めて服用する人は不安や疑問が多い事でしょう。

ただ飲めば効果がでる訳ではありません。飲み合わせる事で弊害が起きる物もあるので、正しい飲み方や知識を持って服用する事がなにより重要です。

ここでは、生酵素サプリとの飲み合わせがNGな薬や飲み物について紹介していきます。

生酵素サプリとの飲み合わせ(併用)の注意点

  • 服用している薬があるなら、医者に相談すべき
  • 成分の過剰摂取にならないようにする

サプリ自体は薬ではありませんが、飲み合わせる事で、薬の効果が薄くなる場合もあるので、治療のための薬を処方してもらい服用している人は、必ず病院で相談してから生酵素サプリを服用するようにしましょう。

また、他のサプリと併用して服用する場合、同じ成分が含まれている事もあります。サプリの種類によっては、1日分の摂取基準量に近い量を摂取できるサプリもあるので、生酵素サプリと併用する事で成分の過剰摂取になってしまう事も考えられます。それぞれの成分を良く確認して服用しましょう。

服用している薬があるなら、医者に相談しよう

生酵素サプリは薬ではなく、栄養補助食品です。

しかし、補助食品とはいえ栄養素が多く含まれているため、薬との飲み合わせによっては、処方してもらっている薬の効果が薄くなってしまう事もあります。

一例として、ピルやインスリンなどが挙げられます。特にインスリンでは血糖値をコントロールしているにも関わらず、生酵素サプリを服用すると低血糖になるリスクがあります。インスリンでコントロールしている傍ら、生酵素サプリで血糖値を下げてしまっては、元も子もありません。

常時服用している薬、一時的に服用している薬、どちらの場合でも医師に相談してから生酵素サプリを服用するようにしましょう。

成分の過剰摂取にならないようにする

生酵素サプリには、何十種類もの野菜や果物を発酵・濃縮し、製造されています。そのため、含まれている栄養素もとても多いのです。

これだけ聞くと「1粒で体に良いなんて嬉しい!」と思いますが、他のサプリと併用して服用している場合、同じ成分が含まれていると栄養の過剰摂取になってしまう可能性があります。飲んでいるサプリ、それぞれに含まれている栄養素をしっかりと確認する事が大切です。

>>生酵素サプリのおすすめな飲み方・タイミングについてはこちら!

生酵素サプリと飲み合わせ(併用)注意なもの

  • 薬やサプリ
  • 飲み物

そこで生酵素サプリと飲み合わせに注意が必要なお薬やサプリメント、飲み物を紹介していきます。

「なんでも飲めば良い」「飲めば効く」という感覚を捨て、せっかく服用するのですから、正しく服用し、効果を実感できるようにしたいですね。

生酵素サプリと飲み合わせ注意な「薬・サプリ」

  • ピル
  • カロリーコントロールサプリ
  • ビタミン剤、サプリ

生酵素サプリとの飲み合わせに注意が必要な物には、代表的な物でピルやカロリーコントロールサプリ、ビタミン剤を補うサプリなどが挙げられます。

案外と一般的な物でも、飲み合わせの注意が必要という事が分かると思います。

それぞれの注意点について以下で詳しく説明していきましょう。

ピル

昨今、一般的になったピル。生理周期の安定や生理痛緩和のために服用している女性も少なくありません。

しかし、ピルと生酵素の相性も良くなく、生酵素に含まれているセントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)はピルの避妊効果を下げてしまったり、多量の美短眠Cが含まれている場合、ピルの効果を強めてしまう可能性があります。

ピルを服用すると太りやすくなるという事から、ダイエット目的で酵素サプリを服用しようと考える人も多いでしょうが、要注意です。

カロリーコントロールサプリ

生酵素サプリは糖質や脂質の吸収を抑えるダイエットサプリとの相性も良くありません。

ダイエットサプリには体を動かすことによって脂肪を消費するダイエットを行っている方は、基礎代謝を高めたり、使うカロリーを自然に増やすのを助けてくれる働きがあります。

その一方、食べたもののカロリーを体に吸収しにくくしたり、糖や脂肪を分解しやすくする成分も含まれているため、せっかく服用した生酵素サプリの栄養素がうまく吸収されなくなる可能性があります。

ビタミン剤・サプリ

生酵素サプリには、お肌に良いとされているビタミンが含まれているものが大半です。そのため、マルチビタミンなどのビタミンを補うためのサプリと併用するとビタミンの過剰摂取になってしまう可能性があります。

ビタミンを過剰摂取する事で、頭痛や吐き気、めまいや下痢などの身体症状が現れる事もあるので注意が必要です。

1日の摂取量について、日本人の食事摂取基準の上限を超えないよう、含有量などをきちんと把握する事がとても大切です。

生酵素サプリと飲み合わせ注意な「飲み物」

  • お酒(アルコール飲料)
  • カフェインの入った飲み物
  • 熱い飲み物

次に生酵素サプリと飲み合わせに注意が必要な「飲み物」を紹介します。

上記に挙げた3種が主に注意が必要な飲み物です。せっかく服用した生酵素サプリが、飲み物によって効果が下がる、あるいは無くなってしまう可能性があるため、これら飲み物での服用は避けましょう。

それでは、それぞれについて、なぜ注意が必要なのかを説明していきましょう。

お酒(アルコール飲料)

アルコールを飲む前や飲んだ後に酵素サプリを服用すると、アルコールの分解を促進する働きをし、二日酔いを軽減する効果があるのをご存じでしょうか。

体内に入ったアルコールを分解するのはALDHという酵素なのです。そのため、酵素サプリを服用する事で、より多くの酵素が体内のアルコールを分解するために働きかけるため、酔いを醒ましたり、二日酔いを軽減してくれるのです。

しかしながら、ダイエット目的で生酵素を服用している場合、せっかくの生酵素が、アルコールを分解する事に消費されてしまい、本来の目的での効果を発揮する事が出来なくなってしまいます。

カフェインの入った飲み物

カフェインを含むコーヒーを毎日飲むことにより、肝臓で働くいくつかの酵素力を低下させると言われています。

コーヒーにはカフェインが含まれており、飲むとすぐに思考がハッキリしたり、疲労感が減った感じがしたりと、精神高揚効果がありますが、知らぬところで、神経や内分泌系が過剰に刺激を受け、内蔵器官は疲労しているのです。

また、カフェインは鉄分の吸収を阻害したり、体から亜鉛、カリウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミンCやB群をも奪います。

このためエネルギー代謝をはじめ、多くの代謝過程で酵素反応にトラブルが起きてくると言われています。

生酵素を服用する際、カフェインの入った飲み物で飲んでしまっては、せっかくの酵素が壊されてしまうのです。

熱い飲み物

生酵素とは、その名の通り「生」なのです。酵素は48度以上の熱で死滅してしまうため、生酵素サプリを服用する際、お湯は絶対にNGです。

逆に冷たすぎる水では、胃や腸の働きを弱くしたり、体を冷やしてしまう可能性もあるため、生酵素を服用する時には、常温の水か白湯が最適です。

せっかく「生」酵素を服用するのですから、熱い飲み物は避け、生酵素の力を十分に発揮させましょう。

生酵素と飲み合わせについてのまとめ

  • 服用している薬との併用には注意
  • サプリ同士でも併用には注意
  • 飲み物も何でも良い訳ではありません

生酵素サプリは健康やダイエットを目的とした食品です。目的に応じ、相性の良いサプリメントを組み合わせる事で、より良い効果が期待できるものもあります。

しかし、飲み合わせや、組合せ、飲み物などに注意が必要なことも事実。

現在、薬を処方してもらっている人は、担当の医師や薬剤師などに、きちんと相談してから服用するようにしましょう。

また、同じサプリだからと言って、安易に併用する事はとても危険です。それぞれの成分をきちんと把握し、過剰摂取にならないようにする事が大切です。

また、服用の際の飲み物にも注意を払い服用するようにしましょう。

「健康食品だから大丈夫!」と軽く考えず、用量や服用の方法などをしっかりと確認し、遵守する事が大切です。

生酵素サプリを…「効果」「効果のある飲み方・タイミング」「口コミ」などを徹底的に比較したランキング情報などは「生酵素サプリラボ」を読んでくださいね!