酵素と乳酸菌の違いは?相性はいいの?

酵素や乳酸菌をご存知でしょうか。聞いたことのある人は多いでしょうが、詳しくその違いを知らないという人もまた、多いのではないでしょうか。どちらも同じじゃない、と思っている人はいませんか。しかし、酵素と乳酸菌は全くの別物なのです。この記事では、酵素と乳酸菌の違い、役割などを詳しく解説しています。この記事を読むことによって、消化を助けてくれ、健康サポートをしてくれる酵素と、乳酸菌のことを詳しく知ることができるでしょう。さらにどのようなものに含まれているのか、どのように摂取するのが効率がいいのかなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

生酵素サプリについてのその他の質問(Q&A)リストはこちら!

酵素・生酵素の【よくあるQ & A】|よくある質問に徹底回答

酵素と乳酸菌の違い

酵素と乳酸菌、この二つには実は明確な違いがあります。酵素は物質であり、乳酸菌は生き物、つまり細菌なのです。まったく違うものであるのになぜ、酵素と乳酸菌が混同されがちなのかといえば、どちらも消化をサポートしてくれるという似たような役割があるためと考えられます。酵素も乳酸菌も消火や吸収を助ける欠かせない物であるため、どちらが優れているというわけではなく、どちらもバランスよくとることが大切になります。

酵素は「タンパク質」

酵素とは「タンパク質」のことです。酵素には様々な種類が存在しますが、基本的には体の中で化学反応を起こし、生き物が生命活動をおこすうえで欠かせない物質のことです。胃液に含まれる消化酵素が、取り込んだたんぱく質を分解し、アミノ酸に変換して体の隅々に送り、さまざまな働きをするのです。酵素とは、食べ物を摂取し、消化、吸収、分布、代謝、排せつに至るすべての生命活動に酵素が必要になってきます。酵素のほとんどは体の中で作り出されるたんぱく質が元になっています。であるからして、多くのタンパク質と同じような性質を持ち合わせ、熱や酸などによって変質してしまうのです。生命の維持に必要な化学変化をおこさせる酵素は、古来より発酵という形で利用されてきました。現在では食品だけでなく、工業や医療などさまざまな分野で酵素は利用されています。

酵素とは生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。このことについて酵素の構造や反応機構を研究する古典的な学問領域が、酵素学である。酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・分布・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に関与しており、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせない。

引用元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0#%E5%88%A9%E7%94%A8

酵素の効果

酵素は体の中で起こる化学反応ほぼすべてにかかわっている物質です。そんな酵素の効果とは、どのようなものなのでしょうか。体内に消化酵素が不足すると、消化器や血流、皮膚に異常をきたすことがあり、その症状を改善するとして、消化酵素剤を処方されることがあります。つまり、酵素を薬として取り込むことによって、消化や血流の症状に効果があるのです。しかし、酵素とはタンパク質のことであり、たんぱく質を摂取していれば大丈夫なのでは、と疑問に思うことはないでしょうか。実は、膵臓の病気により、酵素が不足する場合があり、そういったときに消化酵素剤は有効と言われています。ただし、口から酵素を取り込んでも消化されるため、科学的に経口摂取するとどのような効果、効能があるのかは証明されていません。

パンクレアチンは牛や豚の膵臓から、キモトリプシンとトリプシン(牛)、パンクレリパーゼ(豚)は医薬品として、ブロメライン(パイナップル)やパパイン(パパイヤ)はタンパク質消化を助ける健康食品としてよく用いられる。酵素を含む消化酵素剤が、指定医薬部外品や第2類医薬品として販売されている。高峰譲吉が小麦の皮フスマから発酵培養させたデンプン分解酵素のタカヂアスターゼも、配合される酵素のひとつ。消化酵素剤が病院で処方されることもあり、体内の消化酵素不足による消化器症状や血流、皮膚症状を起こしている状態を改善することが目的である。消化酵素剤は膵臓の病気による酵素不足のために医療として用いられ有効である

乳酸菌は「細菌」

乳酸菌は、物質である酵素とは違って、代謝により乳酸を作り出す細菌類のことです。乳酸菌にも種類が多くありますが、一部の乳酸菌は小腸や大腸に棲みつき他の微生物と共存、あるいは拮抗することによって腸内環境を整えるといわれています。乳酸菌は生物学的に「これが乳酸菌だ」という特定の菌類をさすものではなく、、発酵により糖類から乳酸を作り出す細菌のことを言います。そのさい、悪臭の原因になるような腐敗物質を作らないという条件をクリアした細菌が乳酸菌と呼ばれるのです。さらに乳酸菌はさまざまな食品の発酵にも使われており、代表的なものとしては、ヨーグルトや乳酸菌飲料などになります。乳酸菌による発酵により、食品の腐敗や食中毒にの原因になるほかの微生物や細菌の増殖を抑えることができます。

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を産生する細菌類の総称。。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬物など食品の発酵に寄与する。一部の乳酸菌は腸などの消化器官や膣に常在して、他の微生物と共生あるいは拮抗することによって腸内環境の恒常性維持に役立っていると考えられている。

乳酸菌の効果

乳酸菌は、腸内の有害な細菌、いわゆる悪玉菌を減らして、腸内環境を整え、腸の調子をよくする効果があるといわれています。具体的には下痢症状や便秘症状の改善に繋がります腸内には様々な乳酸菌が棲み着いており、いわゆる善玉菌と呼ばれるこれらの細菌を増やすことで、腸内の健康促進に繋がるといわれていますが、いまだ確実な科学的根拠のある研究結果は発表はされていません。そのほか、免疫機能の向上、花粉症対策、インフルエンザ予防などさまざまな研究がなされています。とはいえ、こちらも今現在確実に効果があると証明されたわけではありません。乳酸菌はいまだ研究段階なのです。その上、基本的に乳酸菌の効果を出すには、生きたままの乳酸菌を腸まで届けなくてはなりません。さらに野菜や海藻、豆類など、乳酸菌の効果を発揮するためには、乳酸菌と一緒に様々な食品を摂取する必要があります。

乳酸菌は下痢症状を軽減する目的で、医薬品としても使われています。乳酸菌の効果効能については、免疫機能を調節しアトピー性湿疹の改善を目指すなど、たくさんの研究が行われてきました。しかし、下痢症状の軽減以外では、十分な有効性を示す結果は出ていません。
乳酸菌が効果を発揮するには、基本的に生きた状態のまま腸に届くことが必要です。さらに乳酸菌を腸内に定着させるには、野菜(特に根菜類)、豆類、海藻類、キノコ類など、食物繊維を多く含む食品と一緒に乳製品をとることを心掛けてください。酸っぱい漬け物から摂取する植物性乳酸菌も重要です。
腸内に住む細菌の活動が活発になれば、下痢だけでなく便秘も軽減できます。

酵素と乳酸菌の共通点|ダイエットに効果的

酵素と乳酸菌は全く違うものですが、どちらにも共通点はあります。それは腸内環境を整えるといわれていることと、ダイエット効果です。腸内環境を整えるというくらいの共通点しかない酵素と乳酸菌が、なぜダイエット効果があるといわれているのでしょうか。

  • 生きる為に必要不可欠
  • 年を取ると減少する
  • 腸内環境を整える
  • 美肌効果
  • 免疫力向上

酵素は生きるために必要不可欠の物質であり、いまだ根拠には乏しいですが、年を取るに従い減少していくと考えられています。そんな酵素の効果のひとつに、腸内環境を整えるというものがあり、これは乳酸菌にも同じ効果があるといわれています。腸内環境を整え、デトックスを解消することにより、美肌効果が期待できます。さらに免疫力の向上も期待できるといわれており、これらの効果により、腸内からいらないものを輩出し、お肌もつやつや、ついでに体重も減少するというわけです。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

腸内に棲んでいる善玉菌の代表といえば、やはり乳酸菌とビフィズス菌でしょうか。案外ビフィズス菌も乳酸菌の一種だと思っている人も多いのではないでしょうか。ビフィズス菌は実は乳酸菌よりもずっと多く腸内に棲んでいる細菌です。さらに、自然界や乳製品などの食品にも生息している乳酸菌と違い、ビフィズス菌は動物や人間の腸管の中でしか発見されていません。実は乳酸菌もビフィズス菌も糖類を分解して乳酸を作り出します。ただし、ビフィズス菌は乳酸だけでなく、酢酸もまた作り出すことが可能なのです。酢酸は生命の代謝を担うとても重要な物質です。そんな酢酸を大量に作り出すビフィズス菌は、乳酸菌とは違って酸素があると生育することができません。その点がビフィズス菌と乳酸菌の相違点となります。

善玉菌の代表として知られるビフィズス菌と乳酸菌ですが、ヒトの腸内、特に大腸内では、ビフィズス菌は乳酸菌の数百倍多くすんでいます。そのため、ビフィズス菌はヒトの腸内に適した菌と言えるでしょう。また、乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出しますが、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸を作り出します。この酢酸が、おなかの中で重要な機能を発揮します。

自分の腸内環境を知るには「便をみる」

腸内フローラという言葉を聞いたことはあるでしょうか。顕微鏡で見た腸内細菌を花畑にたとえて、こう呼ばれることがあります。そんな腸内フローラ、いわゆる腸内環境を整えることは健康への第一歩です。しかし腸内環境を整えるとは言ってもどうすればいいのかわからないのではないでしょうか。そもそも腸内環境と一口に言っても目に見えるものではないので当然といえます。ではどうやったら自分の腸内環境を知ることができるのでしょうか。実はとても簡単に知る方法があります。それが便を見るということです。便は健康のバロメーターです。すっと出て、バナナのような形の、黄土色の便が理想的です。毎日そのような便が出るようであれば腸内環境に問題はありません。べチャッとした便や、固すぎる便、3日も出ないなどといったことがあるようなら腸内環境を整える必要があるわけです。

酵素と乳酸菌が多い食品

酵素と乳酸菌が多い食品はやはり昔から、健康にいいとされる食品が多いです。基本的にはほとんどが発酵食品です。特に納豆やぬか漬けなどは日本の伝統的食品であり、昔から定期的に摂っている人は長生きしているとも言われています。

  • 納豆
  • チーズ
  • ぬか漬け
  • キムチ
  • 漬物
  • 醤油
  • 乳酸菌成分配合の酵素サプリ
  • 味噌

上記の食品類が酵素や乳酸菌が多く含まれる食品です。サプリメントはそのために作られたのですから当然といえますが、伝統食である納豆や醤油、味噌など大豆の発酵食品が多くあります。そのほかに、漬物やキムチ、チーズなどは味が濃く塩分が多い食品です。発酵し、塩分が多い分長期保存が可能な食品だといえます。どの食品も健康にいいと、注目を集めている食品です。特に納豆や味噌は毎日食べるとなおいいといわれていますし、ダイエット食として注目されている食品もあります。食べるだけで痩せるかどうかは定かではありませんが、少なくともお通じは良くなるでしょう。どの食品も体にいいのは間違いありませんが、あまりたくさん摂取しすぎると、逆に塩分過多になり健康を害する恐れもあるのが難点です。

酵素と乳酸菌のまとめ

  • 酵素とは体の維持に不可欠な物質である
  • 乳酸菌とは腸内環境を整える細菌である
  • 昔ながらの発酵食品には酵素や乳酸菌が含まれているものも多い

酵素とは身体の維持に必要不可欠な物質です。腸内環境を整える役目もあるといわれていますが、しっかりした科学的根拠はなく、あいまいではあります。ただし、酵素が不足してしまうと体は維持することができません。乳酸菌は細菌で、つまり生き物です。この時点ですでのこうとは全くの別物だということが分かります。乳酸菌は腸内に棲み、腸内環境を整えてくれる、いわゆる「善玉菌」です。どちらも体の健康を維持するには欠かせないものであり、酵素や乳酸菌が含まれる食品は数多くあります。お通じが良くなってなおかつ美肌になるすばらしい食品たちなのです。中でも漬物やキムチ、昔ながらの大豆を使った調味料に納豆などはこういったものが特に多く含まれるといわれています。ほとんど食べたことがない、という人は体の健康維持のためにもぜひ、今日から少しずつ、食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

生酵素サプリを…「効果」「効果のある飲み方・タイミング」「口コミ」などを徹底的に比較したランキング情報などは「生酵素サプリラボ」を読んでくださいね!

生酵素サプリラボ生酵素サプリランキング!ダイエット効果なしは嘘?痩せるのか口コミ&検証!