酵素と麹菌の違いは?分かりやすく比較してみた!

酵素と麹菌の違いをご存知でしょうか。酵素も麹菌も同じようなものじゃないかと思っている人はいませんか。実は酵素と麹菌には明確な違いがあります。今回はそんな酵素と麹菌の違いを分かりやすく比較し、なおかつ麹菌の効果を詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

生酵素サプリについてのその他の質問(Q&A)リストはこちら!

酵素・生酵素の【よくあるQ & A】|よくある質問に徹底回答

麹菌とは?|酵素を生む微生物の王様

麹菌とは、微生物、いわゆるカビです。日本の独特の風土によって生まれた生き物で、世界でも珍しい性質を持っています。麹菌の珍しい性質、それはデンプンをぶどう糖に、たんぱく質をアミノ酸に分解するという性質なのです。日本で自然発生したこの微生物は、東洋の微生物の王様とまで呼ばれています。なぜなら効果的に脂肪を分解吸収する性質も持ち合わせているからです。麹菌そのものを食べるわけではありませんが、この微生物を利用して、日本では古くから味噌や醤油などの発酵食品が作られてきました。また、この麹菌はうまみのもとでもあるため、食品添加物が無くても美味しい食品を作ることができます。麹菌を使った発酵食品は貯蔵性が高く、発酵が進むことでうまみが増すということで、安心、安全な食品が作れます。

麹菌の効果|痩せるためのダイエットサポート促進

麹菌は王様と言われるだけあって、さまざまな効果をもたらしてくれます。不足しがちな酵素を補うこともできる、素晴らしい微生物なのです。

  • 糖質&脂質を分解し、ダイエットをサポート
  • 美肌効果
  • 善玉菌で便秘改善

麹菌の効果は、主に糖質や資質を分解するダイエットサポート効果、美肌効果、善玉菌で便秘解消の効果があげられます。朝昼晩に1杯の味噌汁を飲むというそれだけで、酵素をある程度補い、デトックス効果も期待できるのです。その他夏バテの解消にいいとされる甘酒もまた麹菌の持つ力のおかげでもあります。

糖質&脂質を分解し、ダイエットをサポート

麹菌の効果のひとつに、糖質や脂質を分解するというものがあります。効果的に脂肪を分解して吸収するのです。麹菌を摂取するということはそこに含まれている酵素も摂取できるということです。酵素がしっかり含まれている麹菌による発酵食品を毎日定期的に食べることによって、エネルギー代謝を増やすことができます。エネルギー代謝が良くなれば太りにくい体質になることができるというわけです。さらに余分な脂肪も燃焼させることができるため、ダイエットのサポート食品としておすすめなのです。

酵素が足りなくなってしまうと脂肪を燃焼させることができなくなり、肥満になってしまうのです。

ですから酵素がたっぷり含まれている麹菌を積極的に食べることによって、エネルギー代謝を増やし太りにくい体質になれるだけでなく、余分な脂肪などを消費していくことができるので、ダイエット効果も期待できます。

美肌効果

美肌効果の場合はすでに実証されています。なぜなら米麹菌を使って作る日本酒を製造する職人たちの手が驚くほど白く、きれいだったからです。その原理は単純で、米麹菌の中に含まれるコウジ酸が、メラニンと呼ばれるシミを作る原因の酵素の働きを止めてくれるからなのです。その麹菌を利用した化粧品も作られています。実際に化粧品会社の実験の一環として、マッシュルームや金魚の水槽などでどれほどの美肌効果が出るのかを実験していたといいます。金魚は真っ白になったそうです。

麹の中でも、その美白効果を担ってくれるのが『コウジ酸』です。
『コウジ酸』はシミの持っているメラニンをつくる酵素の働きを止めてくれるのです。そのメカニズムは、次の通りです。

まず、私たちが紫外線を浴びると、「メラノサイト」という部分にメラニンを作るよう、脳から指令が出されます。そしてメラニンは、肌の奥まで紫外線を入れないために、私たちの皮膚に黒っぽい色として出現します。

「メラノサイト」というのが私たちの皮膚でメラニンを作り出す部分なのですが、『コウジ酸』は「メラノサイト」でメラニンを作る酵素を阻害するため、肌へのダメージを避ける働きがあるのです。

善玉菌で腸内環境を整える

腸内環境を整えることは健康への第一歩です。腸内に住んでいる沢山の微生物、いわゆる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる細菌が、腸内の食物の消化吸収を助けています。特に麹菌を使って作られた発酵食品である味噌や納豆などの中には、腸内環境を整えてくれる沢山の善玉菌が含まれています。さらに発酵食品に含まれる微生物の中には、腸の免疫細胞を活性化させることができるとも言われているのです。

腸内には、乳酸菌、ビフィズズ菌など何千何百種類もの微生物が存在しており、この微生物が腸内の消化吸収に大きな役割を果たしています。よって、この腸内環境の悪化(悪玉菌優位やアンモニアなどの腐敗物質の増加)が、あらゆる万病の原因と主張される医師もいらっしゃいます。
乳酸菌、納豆菌など発酵食品には、私たちの体を改善する善玉菌が多く含まれています。乳酸菌は、アンモニアなどの腸内の腐敗物質の増加を抑える働きがあります。また、体外から入ってくる病原体などと戦う免疫細胞も腸には多数存在しており、発酵食品に含まれる微生物はこの免疫細胞を活性化することが分かっています。

麹菌の副作用

麹菌は健康にとてもいいことが分かっていただけたでしょうか。しかしここで一つ疑問が湧きます。麹菌の摂りすぎによる副作用などはどうなのでしょう。実は麹菌による副作用は特別危険なものは確認されていません。ただし、一口に麹菌と言っても実は様々な種類があることはご存知でしょうか。小麦や大麦を原料としてる麹菌であれば、麦アレルギーの人は気を付けなくてはなりません。一方で、米麹と言われるように米を原料とした麹菌もあり、こちらの場合は米にアレルギーがある人は気を付けなくてはならないでしょう。米麹は米を原料にしているだけあって、摂取しすぎると太ってしまうこともあるので気を付けましょう。基本的に、麹を使った発酵食品はアレルギーがある場合以外は安心、安全な食べ物ではありますが、何事も摂取のしすぎは良くありません。特に体内のバランスを崩すというようなこともありませんが、細良いところでやめておくのが賢明でしょう。

酵素と麹菌が多く含まれている発酵食品

酵素と麹菌が多く含まれている発酵食品といえばやはり甘酒ではないでしょうか。甘酒は夏バテ防止、夏風邪予防など実はさまざまな健康効果を認められています。家庭で簡単に作ることができるのもまた魅力のひとつです。その他には実は鰹節もまたコウジカビで発酵させた食品であることはご存知でしょうか。鰹節も冷奴にたっぷりかけて定期的に食べると健康長寿になる秘訣と言われています。黒酢もまた麹菌から作られています。黒酢にも栄養素がたっぷりつまっていることは有名で、黒酢ダイエットや黒酢サプリなどもあります。酵素と麹菌が多く含まれている発酵食品は気が付いていないだけでかなりたくさん、身近にあります。味噌や醤油、日本酒くらいしか知らなかった、という人はこの機会にぜひ、勉強してみてはいかがでしょうか。

酵素と麹を比較してみた

麹菌には酵素が大量に含まれています。酵素の宝庫と言われるほどにです。しかし、それでは酵素と麹菌の違いとはいったい何なのでしょうか。今回は酵素と麹菌の違いについて詳しく解説します。

酵素と麹菌の違い

酵素と麹菌の違いとは何なのでしょうか。実はこの二つには明確な違いがあります。酵素は物質であり、いわゆる「タンパク質」です。食べた者の分解をサポートし、糖分やアミノ酸に変えて、栄養素を吸収しやすくしてくれます。また、アルコールを飲んだ時に分解してくれるのも酵素の働きによるものなのです。体の生命維持に欠かせない物質ではありますが、熱に弱いという欠点があります。一方麹菌はというと、こちらは実は微生物です。コウジカビというカビ類の一種になります。こう聞くと、顔をしかめたくなるかもしれません。カビから食べ物が作られるなんて、と。しかしよく考えてみてください。チーズなどもカビにり、発酵させているのです。麹菌の特徴は酵素を作りやすいという点です。麹菌は大量の酵素を作り出し、その酵素によって腸内で食べ物の分解、吸収がなされているのです。そんな麹菌の作る酵素を利用して、味噌や醤油などの発酵食品が作られてきたのです。

酵素をカンタンに表すと、『働くたんぱく質』。体内で起こる化学反応を助ける働きがあります。人間はもちろん、あらゆる動物・植物・微生物などの体内で作られ、生命活動を支えています。

代表的なのは食べたものの分解を助ける酵素。例えていえば「ハサミ」のようなものです。
デンプンやタンパク質を細かく切り、糖分やアミノ酸に変えて、栄養素を体内に吸収しやすい形に変えてくれます。

スーパーなどで見かける「麹」は、蒸した米や麦などに麹菌(微生物)を生やしたもの。麹菌は、酵素を作るのが得意な微生物で、体内で大量の酵素を生産し、体外へ分泌する能力が高いという特徴があります。麹菌の作る酵素を利用して、酒や味噌、醤油などの日本に昔からある発酵食品が作られています。

酵素と麹菌の共通点

酵素と麹菌の違いは分かっていただけたでしょうか。次は酵素と麹菌の共通点につてです。そもそも酵素とは麹菌からも作られる物質ですので、共通点と言っても困りますよね。特に日本酒を代表する麹菌によって発行させた食品は、実は酵素の働きなくしては完成しないのです。麹菌はあくまで酵素を作りだす微生物です。その麹菌が作り出した糖化酵素こそが、米や麦のデンプンを糖質に変える役割を担っているのです。麹菌が発酵させた食品類から検出される、体にいいとされる成分は、麹菌が作り出す酵素の働きによるものなのです。つまり麹菌は、酵素を作り出し、作り出された酵素が腸内環境を整えたり、健康維持したりするわけで、麹菌と酵素は切っても切れない関係なのです。

玄米・胚芽・表皮を、麹菌で発酵させた食品。成分を分析すると、発酵により、健康成分として話題のアミノ酸、ペプチド、また美容成分であるコウジ酸や、フェルラ酸の関連物質が増えていました(※)。これらは、麹菌が作る酵素の働きによって生まれた成分です。

酵素と麹菌のまとめ

  • 麹菌とは
  • 麹菌の作る発酵食品
  • 酵素と麹菌の違い

麹菌とは何かを分かっていただけたでしょうか。麹菌とは、酵素を作り出す日本の風土が生み出した希少な微生物なのです。この麹菌と、麹菌が生み出す発酵食品は、人の健康維持に大切なさまざまな栄養素や多量の酵素を含んでいます。昔から培って、受け継いできた日本人の知恵の結晶こそが麹菌を使った発酵食品だといえるでしょう。酵素と麹菌の違いとは、片方は物質であり、片方は微生物という生き物であることに間違いはありませんが、しかし麹菌と酵素は切っても切れない関係にあるといえます。ぜひ、麹菌による発酵食品を定期的に摂取して、健康な体の維持につとめましょう。

生酵素サプリを…「効果」「効果のある飲み方・タイミング」「口コミ」などを徹底的に比較したランキング情報などは「生酵素サプリラボ」を読んでくださいね!

生酵素サプリラボ生酵素サプリランキング!ダイエット効果なしは嘘?痩せるのか口コミ&検証!